【ご報告】醤油の会 vol.1 『利き醤油セミナー』&『醤油を味わう食事会』 2020.02.18

先週末(2月16日)、前橋市内にある「磯春松(いそはるまつ)」さんで、第一回となる「醤油の会 vol.1 『利き醤油セミナー』&『醤油を味わう食事会』」が開かれました。当日の会場にお邪魔することができたので、「まえばし発酵めぐりの旅」でもご紹介させていただきます!

会場は、「海無し県に”海”という食を」という思いで、「手づくり」と「本物の素材」にこだわり、今ではまちの人気店となった前橋の中心市街地にある「磯春松」さん。

今回のセミナ―&試食会は、創業者の関口康二氏の次男「主税(ちから)」さんの、料理人ならではの素朴な疑問に端を発しているとか。

ある日、ふと「刺身」について考えた時、日本人がなんの疑問もなく、刺身のお伴として日常的に食している「”醤油”ってなんなんだ?」という疑問が沸き、市内にある醤油セレクトショップの「職人醤油」を訪ねたことがきっかけだそうです。

「職人醤油」の高橋万太郎さんの丁寧なレクチャーで「醤油」への興味は更に増し、「食材」と「醤油」の組み合わせに興味のあった万太郎さんと、今回のコラボレーションが生まれました。

「醤油」と真っ向から向き合うことで、様々な驚きや発見があったと主税さん。作り手側もそうですが、食事会に訪れた食通の皆さんも、工夫を凝らした美しい一皿一皿に舌鼓を打ちつつ、醤油の可能性について改めて驚かされた様子。 高橋万太郎さんら醤油を熟知した「職人醤油」のスタッフのみなさんも、食材と向き合う「プロ」が引き出す「醤油」の新たな魅力を再発見できたとおっしゃっていました。

写真は、セミナーと当日用意された食事に一部です。

今回は即日で一杯になってしまったためご案内できませんでしたが、次回はこちらのページでもご紹介させていただきます!

醤油の会お品書き

■磯春松 http://www.iso-harumatsu.com/

■職人醤油 https://www.s-shoyu.com/